Interview

【リサ・ハンサカー先生】私のコアにある目標は、人々に健康とピラティスを教えることを通じて、楽しく心地よい空間を提供すること



幼いころからダンスに親しみ、ディズニーリゾートやホテルでのホスピタリティの仕事を経て、ピラティスインストラクターとなったリサ・ハンサカー先生。自身でピラティススタジオを運営し、心がけていることとは?10個の質問をしてみました。

1.4歳ごろより、バレエ、ジャズダンス、モダンダンスをしていたそうですが、それぞれの面白さはどういうところでしょうか?

私にとってはクラシックバレエが最初で、ダンスの基礎となりました。その後ジャズやモダンを始めました。バレエは美しく優雅だし、ジャズはカッコ良くて遊び心があるところが好きです。

2.リサさんのダンスのバックグラウンドと、クラシックピラティスの共通のつながりというのはどんなところでしょうか?

初めてピラティスのクラスを受けたとき、マット上での、練習法やテクニックなど、たくさんバレエに通じるところがあると思いました。進め方は似ているのだけれど、洗練されていて、体を開発し伸ばしていくという意味では、どちらも常に上を目指して取り組むことができるし、チャレンジしがいがあると思います。


3.Classic Pilatesはすべての機能的な運動の根底にある基本的な運動を体現していると考えていらっしゃるそうですが、いくつか例を挙げていただけませんか?

クラシックピラティスのメソッドは、強さと伸縮性、スペースを体に作ることです。エクササイズとして体を開発し、鍛えていくためには原則があります。アラインメントされていて強さもしっかり作られている体は、正しく機能するはず。ピラティスは家を建てるときのセメント作業のようなもので、しっかりしたベースはその他のパーツを正しく作り上げることができますよね。ピラティスはアスリートのためでもあるし、体・背骨のやわらかさと強さの基礎を作ってくれるので、私たちの日々の生活そのものを向上するのにも大いに役に立ちます。

4.フィットネスと健康について伝えるだけではなく、環境づくりや楽しむことが大切と考えているそうですが、環境づくりではどんなことを工夫していますか? また、楽しむコツとはなんでしょうか?

私は運動とエクササイズが大好きです。しかし、人によって少し情熱の注ぎ方が違うとも気づきました。残念ながら、全員ではないですが、私の多くのクライアントがピラティスに出会ったのは、医師や健康専門家によって健康のため、と紹介されたことがきっかけであることがほとんどだからです。それでも、クラスや病院のセッションを通してだけではなく、何かの個人的なつながりを形成することができれば、彼らは必ずトレーニングに戻ってきます。

他にはみんなの名前や、クラス以外の彼らのことを、少しでも知っておくことをポイントにしていすね。また皆が仲良くなり、お互いにフィットネスと健康の目標を達成できるよう、スタジオ内でイベントやコンテストを開催しています。例えばその1つが「Fit Club」。一年の始めに開始して、年間を通して145回のトレーニングセッションを完了することができたらば、年の終わりのパーティで、オリジナル・GYMバッグのプレゼントがあります!クライアントは皆達成に向けて、お互いに145のセッションをするよう、楽しんで励ましあっていますよ。

5.大学でホスピタリティマネージメントを専攻したきっかけは何ですか?

正直に旅行が大好きで、ディズニーワールドで働いてみたかったから!


6.ウォルト・ディズニーワールドや、スターウッド・ホテルではどんなお仕事をされていたのでしょうか? 

ディズニーで,フロントとハウスキーピングでインターンシップを二回経験しました。オハイオ州立大学を卒業したあとは、ハウスキーピングマネージャーとして小さなホテルで働き始め、その後ロサンゼルスの大きなホテルで働く機会を得ることができ、そこでは八ウスキーピングとゲストサービスの両方で管理職を務めました。

働いている間もどうしてもムーブメントに触れていたくて、フィットネスのクラスを取っていました。それが後々、自ら教えることにつながっていきました。

7.様々な資格をお持ちですが、学ぶことは好きですか? どんなところが楽しいですか?

はい!最初にグループエクササイズの資格を取ったあとは、ステップ・エアロビクスとフロアー・エアロビクスを教えていました。

私はパーソナルトレーニングの資格をAmerican College of Sports Medicineで取ったあと、ピラティスに出会い、その後自身のトレーニングをパワー・ピラティスで追求していきました。学ぶことはとても好き!理由は毎回、資格以外にもたくさんの経験を得ることができるからです。



8.Turning Point Fitness
を創設したきっかけは何ですか? また、いつごろ始めたのでしょうか?

Turning Point Fitnessは、2008年に設立され、10年を迎えました。実ははじめはピラティスビジネスについて、計画していたわけではありませんでした。家族を持ってから、ピラティスの旅を始めたので、その時、子供を育てている間に何かパートタイムで楽しめることがしたいと思っていて始めたんです。私の両親も起業家だったので、起業して続けることがどれだけ大変かも知っていたので。

しかし、ピラティスビジネスは成長し続け、そのうち私のスペースである、ターニングポイントフィットネスが生まれました!ビジネスは何年にもわたって進化してきましたが、私の中心である目標はずっと変わりません。人々に健康とピラティスを教えることを通じて、楽しく心地よい空間を提供することです。

スタジオと訪れて来てくれる人々は私の人生の大きな部分を占めています。私にとってもう一つの家ですね。

9.コロンバスはリサさんにとってどんな場所ですか? お休みの日はどんなことをして過ごすのが好きですか?

私はオハイオで生まれ育って、ニューオーリンズやシアトル、シカゴと住んでいましたが、家族を持ったときに、念願のオハイオに帰って来ました。コロンバスがとても好き。休日は家族とでかけたり、次の週の準備をしたり、友人とワインを飲んだりするけれど、リラックスをしたりをウオーキングをしたり、静かな時間も大切にするようにしています。

10.来日は初めてですか? 名古屋や東京でどんなことを楽しみにしていますか?

初めての日本、とっても興奮しています!私の周りで日本に行った友人は、皆すごく良かったと言っています。私はニューヨークが好きなので、きっと東京の忙しさが気に入る思います!他には日本庭園や歴史的建物、新幹線に乗るのが楽しみです。

そしてもちろん、こっそり東京ディズニーランドにもいくつもり!

* * *

リサ・ハンサカー先生が2019年7月に来日します。

パワーピラティス・ビギナーマットピラティス・ティーチャートレーニングコース(レベル1)
・2019年7月13日(土)~15日(月・祝) スタジオ・ヨギー名古屋グローバルゲート
・2019年7月19日(金)~21日(日)  スタジオ・ヨギーTOKYO(有楽町)

パワーピラティス・インターミディエイトマットピラティス・ティーチャートレーニングコース(レベル2)
・2019年7月23日(火)~25日(木) スタジオ・ヨギーTOKYO(有楽町)

パワーピラティス・アドバンスマットピラティス・ティーチャートレーニングコース(レベル3)
・2019年7月10日(水)~11日(木) スタジオ・ヨギー名古屋グローバルゲート
・2019年7月27日(土)~28日(日) スタジオ・ヨギーTOKYO(有楽町)

<<来日情報ページでも随時お知らせいたします。

リサ・ハンサカー Lisa Hunsaker

パワーピラティス認定ティーチャートレーナー。アメリカ、オハイオ州コロンバスにある、Turning Point Fitness(ターニング・ポイント・フィットネス)のオーナー。

4歳からダンスを始めたリサは、ムーブメント、身体運動の勉強を続けながら、ダンスのキャリアを積む。

オハイオ州立大学でホスピタリティマネージメント学部を卒業した後、ウォルト・ディズニーワールドや、シェラトンホテルなどの一流チェーンを展開するスターウッド・ホテルで勤務する経歴を持つ。

American College of Sports Medicine(ACSM)認定保健・フィットネスインストラクター、パワーピラティスティーチャートレーナー、ACEグループフィットネス(ヘルスコーチやパーソナルインストラクターの育成を行う機関)インストラクター、Pre / Post Natal(妊娠中、後の妊婦へ向けたムーブメント)の認定など、フィットネスにかかわるさまざまな資格を取得。

自身の運営するTurning Point Fitnessでは、ピラティスをはじめスピニングなどの多様なプログラムを展開するなど、常に最新のフィットネスの流行や知識をとりいれる活動を精力的に行っている。

オンライン無料相談 »