ヨガ認定/資格について

ヨギー・インスティテュートで取れる2つの資格

ヨギー・インスティテュートでは、ヨガの認定制度として、下記2団体の認定資格が取得でき、ヨガインストラクターとしてより成長できる学びの場を提供しています。
ヨギー・インスティテュート認定
全米ヨガアライアンス

ヨギー・インスティテュート認定

伝統的かつ解剖生理学アプローチの「yoggy yoga」、
そして“本来ある良さ”に目を向けられる指導者になろう

ヨガは社会的にも普及した今、ヨギー・インスティテュートではインストラクターが社会的にさらに地位を確立し活躍できるよう、それを支援し、ヨガの更なる普及を目的とした認定制度を運営しています。

現代人が安全かつ効果的にできるよう、伝統的なヨガのエッセンスに解剖生理学なアプローチを加えたヨガスタイル「yoggy yoga(ヨギーヨガ)」を学ぶことで、プロフェッショナルになるための知識・技術を習得し、人それぞれ “本来ある良さ”に目を向けた指導者を育成していきます。

Message『ヨギー・インスティテュート認定200時間』監修したエグゼクティブディレクター キミより

ヨギー・インスティテュート認定では、資格取得はもちろんですが、このコースを通して「資格以上のものを得る」ことができると考えています。
取得のためのプログラム、200時間のコースは、自分自身の取扱説明書を読み解くようなもの。自分はどうしたらリラックスするのか、あるいは集中できるのか。なにをすると心地よいのか、なにが向いているのか。自分の可能性を阻んでいる要因を手放し自由になる方法とは……。長い時間をかけて自らと向き合い、日常のなかにヨガを浸透させていきながら、その後の人生に糧にもなるものを得ていきます。

資格を取得し、インストラクターとして指導する知識を得ると同時に、日常の質を上げ、生涯を通じてみなさんの役に立つような知識を得ていただくことを願っています。


ヨギー・インスティテュート認定についての詳細

全米ヨガアライアンス認定

米拠点の世界最大規模のヨガ協会が発行する
全世界共通のヨガ資格

80年代にアメリカを拠点に設立された世界最大規模のヨガ協会。クオリティの高いインストラクターを養成するために、知識、練習にある一定水準を定め、その向上を常に促進することを目的としています。
ヨギー・インスティテュートは、全米ヨガアライアンス認定校です。該当するトレーニングコースを修了することで、全米ヨガライアンス認定インストラクターとして活動することができます。

全米ヨガアライアンスについての詳細

認定インストラクターになるためには

認定インストラクターになるためには該当トレーニングコースを受講が必要です。
ご自身の目指すインストラクター像、ペースやライフスタイルに合わせて選べます。


さらなるステップアップ制度

ヨギー・インスティテュート認定

「ヨギー・インスティテュート認定200」を取得後、「(同)300」「(同)500」を取得することで、指導可能なプログラムが増え、活動の場が広がります。


ヨギー・インスティテュート認定300、500について

全米ヨガアライアンス認定

「全米ヨガアライアンス認定200」を取得後、「全米ヨガアライアンス認定500」を取得することができます。


全米ヨガアライアンス500についての詳細