講義あり、主に瞑想

【OSAKA】ヴィニャーナ・バイラヴァ(タントラ哲学)

開催スケジュールを見る

概要

Outline

瞑想に浸っていると気が散って、長く瞑想していられないと感じる方、このワークショップはそんな方にぴったりの講座です。

瞑想についての理解と経験を深め、内面をシフトさせ、内に存在するこの上のない幸福という意識に瞑想を繋ぎ止めるために、この講座は作られています。

 

「ヴィニャーナ・バイラヴァ」は、比較的新しい時代に栄えたタントラ哲学の本です。
この中で女神が生徒の役としてシヴァに助言を求めます。答えは教義として与えられるのではなく、瞑想に関する112の方法論が与えられます。瞑想方法が具体的で、メッセージは明確です。その中に人生に関する最も奥深い問いに対する究極の答えがあるのです。

古代、パワフルな哲学やテクニックほど、口承で伝えられ、守られ、お寺からお寺へ、師匠から弟子へ受け継がれ、秘伝となってきました。そのため、文献として形に残っているのはとても貴重で、その内容を聞くことができる機会に触れることは非常に稀です。

 

このワークショップでは、この崇高なテキストから選ばれた果汁の海のような瞑想の実践方法にどっぷりと浸かりましょう。瞑想の実践を幾つかを経ることで、内なるものが熟考、分析、ディスカッションの助けと共に深みを増すでしょう。

 

このコースの組み立て上、一日半を通しての参加が必要となります。
瞑想経験のレベルに関係なくご参加いただけます。

 

通訳:ヤスシ(スタジオ・ヨギー エグゼクティブ・ディレクター)

 

 

【こんな人におすすめ】
・実践的な瞑想法を知りたい方
・瞑想をしたい方
・瞑想に関するシェアリングをしたい方
・タントラ哲学に興味がある方
・ヨガインストラクター

 

【参考】2012年に同じテーマで佐賀にてリトリートが開催されました。その講義でとても興味深かったのは、古代インドのタントラの賢者は、音が潜在意識に働きかけることを知っていて、たとえば、OMの音では、音が消えた後の余韻も含めて12の段階に分けています。その12の段階で、微細なレベルに働きかけることができるため、音を使った瞑想をしました。たくさんの瞑想方法が紹介されるタントラの経典から、多くの方法を紹介してくれたので、これは、自分に合うかも!と思える瞑想に出会えました。

 

コース詳細

Details

受講料

23,000円(税込)


ヨギー・インスティテュート認定者(YIC):18,400円(税込)*一般税込価格より20%off


クラブヨギー生(CY):20,700円(税込) *一般税込価格より10%off


※チケット、ご優待券はご利用いただけません。

認定ポイント

6

その他

WEBお申込みフォームよりお申込みください。

・お支払は、お申込み時WEBクレジット決済または銀行お振込みになります。


 下のボタンではなくこちらよりお申込みください。

開催スケジュール

OSAKA

2018年06月26日 (火) 開催

日程

2018年6月26日(火)10:00~17:30(休憩1.5h)

締切り

2018年05月15日 (火)

定員

32名

その他

■持ち物:筆記用具、ウエア(瞑想をするため、楽な服装をおすすめします)

■お申し込み:WEBお申込みフォームよりお申込みください。

■お支払い:お申込み時WEBクレジット決済または、事前の銀行お振込みになります。

■注意事項:各種割引価格でお申し込みの方は、会員証のご提示が必要となりますので、忘れずにお持ちください。

■キャンセルについて:ご購入されたチケットは、取替・変更・キャンセルはお受けできませんので、予めご了承ください。

■お問い合わせ:OSAKA 

tel:06-63632181

mail:school_osaka@studio-yoggy.com

エントリーする