講師紹介

カレン・ロブ

カレン・ロブ

1992年より、スコットランドにて理学療法士として活動。現在はがんの療養におけるリハビリテーションの専門家として活躍している。

これまで、臨床、学術、研究、また戦略など、多方面からがん患者のケア改善に貢献できるようなキャリアを積む。特に乳がんのリハビリーテーションに強い関心を持ち、がんと戦っている、またはがんを克服した人々が、質の高いリハビリテーションケアを受けれることが当然となるような社会を目指している。

ロンドンの国民健康サービスにて、地域リードとして、がんリハビリテーションに取り組み、バーツ病院でがんサービスの理学療法士として活躍した後、現在は、ロンドンのがんサービス改良チームで、リハビリテーション部門の指揮をとり、がん リハビリテーションサービスに関わる政策決定をサポートしている。

ボディコントロールピラティスの“乳がんリハビリーテーション:基礎とプログラム”コースを開発、指導を行い、ピラティスマットワークの指導者となってからは、臨床的なピラティスクラスも受け持ち、“ガンを理解しよう”というコースを開発する。

オンライン無料相談 »