国際ヨガDAY SPECIAL!

女性のための自律神経とヨガ~ホルモンリズムとのつきあい方~

開催スケジュールを見る

概要

Outline

女性特有のホルモン変化によって起こるPMS(月経前症候群)、更年期障害などを始めとして、肩こりや冷え性、頭痛や便秘、下痢などの自律神経に関わることを学ぶ講座です。
前半は、医師による講義、後半はヨガの実技を交え、自律神経に対する理解を深めていきます。


【講義】

・女性ホルモンの変動

・自律神経について

・自律神経とヨガの関わり


【実技】

・女性特有の自律神経失調症にアプロ―チするヨガ



<こんな方におすすめ> 

PMS(月経前症候群)、更年期障害など対するヨガのアプローチに興味がある方

・季節の変わり目に体調が崩れやすい方

・更年期をより健やかに過ごしたい方





講師:石井正則先生

プロフィール:

JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター(旧東京厚生年金病院) 耳鼻咽喉科主任部長 医学博士 ヨガは、2006年に大病からの復活のきっかけにはじめました。 2008年にスタジオ・ヨギーの公認インストラクターとなり、 その後、アヌサラヨガのAIC I~IIIやセラピューティックを修了し、 2010年、2011年のジョン・フレンド氏のアヌサラヨガのマスターイマージョンと  ティーチャートレーニングコースを修了しています。 東京慈恵会医科大学・耳鼻咽喉科准教授、岐阜大・耳鼻咽喉科・臨床教授を併任。 JAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙医学審査会委員。 耳鼻咽喉科心身医学研究会・発起人メンバー。




~石井正則先生より一言~

人間には日内変動といった規則的なリズムがあります。それ以外にも女性には月単位の変動があります。さらに年単位の変化 も知られています。これらは女性ホルモンの変動によるものです。これらのダイナミックな変動がときとして自律神経の不安定な症状を来します。月経前症候群 (PMS)や更年期障害などです。それ以外にも冷え性や頭痛や肩こりも便秘も下痢も自律神経と深く関連しています。前半はわたくしがこれらの病態を判りや すく講義するとともに、それがヨガとどう結びつくかの基本を述べます。後半はキミ先生らがアーサナの実技をしていただき、いっそうの理解を深めます。ご興味のある方は是非ともご参加下さい。

コース詳細

Details

授業時間

150分

受講料

7,020円(税込)
・プレミアム、YIC認定者:税込価格より30%off
・スタンダード、ロハスメンバー:税込価格より20%off
・クラブヨギー生:税込価格より10%off
チケット:4回分 ※スタートチケット利用不可

対象

初心者から経験者までどなたでもご参加いただけます

認定ポイント

2

その他

持ち物:
ウェア、筆記用具
※メモを取っていただけます
※PC等の電子機器のお持ち込みはご遠慮ください



開催スケジュール

TOKYO

2018年06月21日 (木) 開催

日程

2018年6月21日(木)18:30~21:00(150分)

講師

定員

50名

その他

■お申し込み:WEB予約またはお電話にて承ります。 ■キャンセルについて:ご予約をキャンセルされる場合には、 前日までにご連絡をお願いします。 ■お問い合わせ先 スタジオ・ヨギーTOKYO tel 03-6212-6851

エントリーする