ヨギー・インスティテュート認定資格300時間・500時間について

ヨギー・インスティテュート認定 200時間(YIC200)の資格を修得し、インストラクターになった方のステップアップ(継続教育)として、『ヨギー・インスティテュート認定 300時間(YIC300)』『ヨギー・インスティテュート認定 500時間(YIC500)』を目指すことができます。これらのコースを通じて、プロのインストラクターとして学び続け活躍の場が広がります。

ステップアップによる指導可能クラス

認定資格インストラクターはスタジオ・ヨギー以外の場所にて、全国のスタジオ・ヨギーで展開されている『yoggy yoga』(ヨガ ボディ、ヨガ フロー)を指導することができます。
※スタジオ・ヨギーで指導される場合は、スタジオ・ヨギーオーディションの合格が必要となります。

ステップアップによる指導可能クラス

ヨギー・インスティテュート認定300時間(YIC300)

指導可能内容

  • ヨガ ボディ
  • ヨガ フロー
  • ヨガ メディテーション
  • ワークショップ(指定講座に限る)

ヨギー・インスティテュート認定300時間(YIC300)のための概要

対象者 ・YIC200取得者のうち、取得から2年以上経過している者
・YIC200取得後、500時間以上のyoggy yogaの指導を経験している者
申請条件 ①4つの必須受講講座(トレーニングを含む)を受講していること
必須受講講座:
・メディテーション・インテンシヴコース(MIC)
・アーサナ・インテンシヴコース(AI)
・ティーチャー・スキルアップトレーニングコース(TSTC)
・指導者に役立つアジャストメント
※YIC200取得以前に受講しているものもカウント可能。
②自由選択講座を26時間分受講していること
選択可能な講座:
・ヨガのトレーニングコース、CEポイント取得対象のワークショップ
・解剖学・アーユルヴェーダのトレーニングコース、CE取得対象のワークショップ
※YIC200取得以前に受講いているものもカウント可能。アヌサラのトレーニングコースなど、現在開催していないコースも含む。また、必須受講講座を含むすべての講座の再受講の時間もカウント可能。 例:AIを過去に3回受講していたら場合、3回分カウント可能。
申請方法 ヨギー・インスティテュートのWEBサイトのYIC300申請フォームに、指定の提出資料を添付の上、お申込みいたださい。
提出資料:
・認定試験(自宅で行うもの)→ ダウンロード
・セルフチェックシート → ダウンロード
申請料 5,400円(税込)
申請料の納入方法については、エントリー後に事務局からご案内をお送りいたします。

ヨギー・インスティテュート認定300時間 申請フォーム

ヨギー・インスティテュート認定500時間(YIC500)

指導可能内容

  • ヨガ ボディ
  • ヨガ フロー
  • ヨガ メディテーション
  • ワークショップ(指定講座に限る)
  • トレーニング(指定トレーニングに限る)

ヨギー・インスティテュート事務局

不明な点、疑問な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。