ヨギー・インスティテュート認定資格インストラクターになるためには

ヨギー・インスティテュート認定資格インストラクターになるためには、『ヨギー・インスティテュート認定 200時間(YIC200)』のセットコースの受講が必要となります。

ヨギー・インスティテュート認定資格インストラクターまでのステップ

上記を経てインストラクターになった方のステップアップ(継続教育)として、『ヨギー・インスティテュート認定 300時間(YIC300)』『ヨギー・インスティテュート認定 500時間(YIC500)』を目指すことができます。これらのコースを通じて、プロのインストラクターとして学び続け活躍の場が広がります。

ステップアップによる指導可能クラス

ヨギー・インスティテュート認定200時間

ヨギー・インスティテュート認定300時間

指導可能内容

  • yoggy in-body
  • yoggy in-flow
  • yoggy in-meditation
  • ワークショップ
  • オープン講座(指定講座に限る)

ヨギー・インスティテュート認定500時間

指導可能内容

  • yoggy in-body
  • yoggy in-flow
  • yoggy in-meditation
  • ワークショップ
  • オープン講座(指定講座に限る)
  • トレーニング(指定トレーニングに限る)

全米ヨガアライアンスについて

ヨギー・インスティテュートで『ヨギー・インスティテュート認定200時間コース』または『短期集中全米ヨガアライアンス200時間コース』を修了した方は、全米ヨガアライアンスのRYT200登録申請ができます。

全米ヨガアライアンスとは

80年代にアメリカで設立された世界最大規模のヨガ協会。クオリティの高いインストラクターを養成するために、知識、練習にある一定水準を定め、その向上を常に促進するヨガ協会です。協会の定める基準に基づいたヨガ・ティーチャー・トレーニングを、認定されたヨガスクール(RYS=Registered Yoga School)にて200時間または、300時間、500時間のコースを受講することにより、認定書が発行されます。認定後、希望者は全米ヨガアライアンス認定のインストラクター、RYT(Registered Yoga Teacher)として登録されます。
ヨギー・インスティテュートでは2009年より認定校となり、200時間のトレーニングを修了したことを示す「RYT200」の登録申請が可能となりました。現在、300時間、500時間のトレーニングを修了したことを示す「RYT300」「RYT500」の登録申請を進めています。

全米ヨガアライアンス登録申請方法

アライアンス申請には「ヨギー・インスティテュート認定200インストラクター認定証」「短期集中全米ヨガアライアンス200時間コース修了証」または「BTC、MIC、YAC、TTCの修了証およびヨガクラス受講自己管理表」が必要になります。
この証明書を添えて、全米ヨガアライアンスのオフィシャルサイトの申請順序に従って、各自申請をしてください。