デビューサポート制度

【ピラティス】デビューサポート制度を活用したインストラクターの声


タケマサ
2016年にデビューサポートを活用。その後、関東エリアのスタジオ・ヨギーで活動。

インタビュー

デビューサポート制度を受けたきっかけ

デビューサポートの事は知らずにオーディションに参加しました。オーディション結果通知の際に、声を掛けていただいたのがきっかけです。

デビューサポート制度を受けた感想

当時の僕は、とてもあがり症で、人前に立って話し始めるだけで、汗びっしょりになるほどでした。また、どのような指導の仕方が自分に相応しいのか、分かりやすく伝えられているのかなど、迷いがありました。そのため、指導経験を積んでいくと共に、指導方法を明確にする必要がありました。

たとえば、模擬クラスでは、指導する経験を積んで行くと共に、クラスのフィードバックを受け、指導法の方向を、明確に指し示していただきました。試しては修正し、また試す、のサイクルを繰り返しながら、徐々に自分の指導スタイルを身につけていきました。

指導スキルの成長段階に合わせて、必要なタイミングで、必要なアドバイスをいただけた事で、最適な方向に進んで行けたと思っています。その間、先生やスタッフの方々は、寄り添い、温かく見守って下さり、技術面はもちろんのこと、精神面も支えてくれました。

スタジオ・ヨギーでインストラクターとして働いてみて

インストラクターの職場は、主にスタジオになります。スタジオに行くと、スタッフさんは、いつ行っても笑顔で気持ちよく迎えてくれ、居心地の良い空間を作ってくれます。

インストラクターの先輩は、ピラティスのみならず、ヨガやビューティ・ペルヴィスの先生も気さくに話しかけて下さるので、お会いするのが楽しみです。

お客様は、心地良い空間でリラックスされていて、フレンドリーな方が多く、楽しくお話させていただく事もあります。こんな素敵なスタジオで、クラスを行えることは、とても幸せなことだと思っています。

今後、どうなりたいですか?

トレーニングコースの講師に興味があります。僕の宝物は、ピラティススキルはもちろん、人としても心から尊敬できる、先生方と出会えたことです。出会えてなければ、今の自分は居ません。そんな人達に、少しでも近づけるよう、人としても魅力的な、指導者を目指していたいと思っています。

ヨギーのピラティスインストラクターを目指す方へのメッセージ

ヨギーは、インストラクターとしての成長を応援してくれます。デビューサポートでは、多くの方にお世話になりました。そして今でも、様々な場面で背中を押してくれます。スタジオでは、フロントスタッフの方が、運営をして下さるので、自分はインストラクターとして教えることに専念できます。

時にはお客様の声を聞く機会が多い、フロントスタッフの方にも、アドバイスをいただき、クラス作りに活かしています。経験豊富な先生のスキルアップ研修を受けることもできます。このように、ヨギーには、自分を成長させてくれる環境が整っています。頑張れば頑張った分だけ、自分に返ってきますので、やりがいがあります。それをモチベーションに、また成長チャンスが巡ってきます。興味がある方は、是非チャレンジしてみてください!

ヨギー・インスティテュート事務局

不明な点、疑問な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。