デビューサポート制度

【ピラティス】デビューサポート制度を活用したインストラクターの声


レナ
2016年にデビューサポートを活用。その後、関東エリアのスタジオ・ヨギーで活動。

インタビュー

デビューサポート制度を受けたきっかけ

スタジオ・ヨギーで 『ボディコントロールピラティス®』の認定試験に合格した後、お世話になった先生からオーディションを受けることを勧めていただいたことがきっかけです。

ピラティスの魅力を伝えられるようになりたくて資格を取得しましたが、ヨギーのインストラクターになることは考えもしませんでした。ですが、思いきって挑戦してみた結果、デビューサポート制度のチャンスをいただくことができました。

デビューサポート制度を受けた感想

当時はピラティスインストラクターとしての経験はゼロでしたので、先生のクラスにアシスタントとして参加することで、生徒として参加するときには目にすることができないクラス中の先生の目の配り方、アジャスト法を間近で見られたこと、大勢のクラスでキューイングする緊張感を経験させていただくことができたのはデビューサポートならではの貴重な時間でした。

また、模擬クラスで自分のクセや改善すべきポイントを指摘していただき勉強になったのはもちろんのこと、自分のよい部分も挙げていただくことで「自分らしいクラス」のヒントを得たように思います。

スタジオ・ヨギーでインストラクターとして働いてみて

生徒の皆さんが心地よくクラスに参加できるよう、スタッフの皆さんが環境を整えてくださるので恵まれていますね。また、たくさんのインストラクターが在籍している中、自分もその一員なのだと思うと、「ヨギー品質」を落としてはならないという緊張感があります。

今後、どうなりたいですか?

自分自身がピラティスに出会ったことで得られた、心地よさや、日常生活・パフォーマンス (私の場合はバレエ) の変化や質の向上など、たくさんの喜びを受講者の皆さんにも感じていただけるよう導くことが出来るインストラクターを目指して行きたいと思います。

ヨギーのピラティスインストラクターを目指す方へのメッセージ

デビューサポート制度は、資格コースなどではなかなか学ぶことができない、『実践』のヒントを得られる絶好のチャンスです。是非トライして、ヨギーインストラクターへの道を拓いてください。サポート期間終了時にはきっと大きな自信を得られると思います。

ヨギー・インスティテュート事務局

不明な点、疑問な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。