あなたの足と体、生きてますか?

『足』から考える体の使い方

開催が決まり次第、スケジュールを掲載します。

概要

Outline

人体には約206個の骨があり、足部には左右合わせて52個もの骨があります。

実に全身の骨の約1/4が小さな足部に集まり、多くの関節を形成して複雑に機能しているのです。


日々歩いたり走ったりするときにはもちろんのこと、ヨガやピラティスなどのエクササイズを深めたい方、あるいは指導する方にとっても、“足”への理解はとても大切です。


二本足で立ち上がった私たちの祖先は、この足に何を残してくれたのでしょうか。

進化の歴史を辿りながら、足の構造と機能を学び、人間の体の使い方について考えていきます。


年齢に関係なく、体はたくさんの可能性を秘めています。

はだし研究家で足のスペシャリスト、金子先生と一緒に “足元” から体を見つめ直し、ご自身の指導やパフォーマンスに活かしましょう。



○足の基礎知識について

 足の構造(骨、筋肉[foot core system]、センサー)

 土踏まずと足のゆび

 載距突起(載距突起の進化)

 柔軟なアーチ

 足の変形:外反母趾

 不整地への適合

 足はこき使うほどよい

 衝撃吸収・硬いテコ[ウインドラスメカニズム]

 靴の影響、はだしの刺激による変化


○足の野生を取り戻すために

 エクササイズ、靴、暮らし方、暮らす場所

 足のゆび、足の踏み方、足圧中心、割り丸太の活用

 リラックス

 呼吸と身体感覚

 姿勢と足の形



★★★★★★★

このワークショップは下記団体の 認定/継続教育 対象です。

・ヨギー・インスティテュート認定:1pt

・パワーピラティスCE:0.75pt(他団体ポイント)

・ボディコントロールピラティスCE:15pt


コース詳細

Details

受講資格

各ボディーワーク指導者、または体について解剖学的な知識をお持ちの方

授業時間

90分

受講料

3,300円(税込)

認定ポイント

1
開催が決まり次第、スケジュールを掲載します。